トップ > イルカ日記 > ホイッスル

ホイッスル

2017年11月18日

 

 

皆さんこんにちは!!!

今日のブログは粟飯原です!!

 

今日は北風が強くかなり冷え込んでいましたね( ˘•ω•˘ )

スタッフ達もガクガク震えながら一日を終えました(笑)

 

お客様からも

「お姉さん寒そう!!大丈夫?!( ゚Д゚)」

と言われましたが

 

 

寒いです!!(笑)

 

私の肌は日焼けをして真っ黒なので

寒くなさそうと言われるのですが、体感温度は皆さんと同じです(笑)

 

スタッフ一同鳥肌が止まらなかったですね(´;ω;`)

 

冬はまだまだこれからですので、11月でこの寒さだと

真冬になるのが恐ろしいですね、、、

 

そんな極寒の中!!

 

今日は「シージョブキッズ」の子たちが来てくれました!!

 

前回同様、トレーナーコースの内容を体験してもらいました✨

 

まずイルカ達の生態やトレーニングのレクチャーを受けてもらって

その後に、イルカ達にあげる魚を自分たちで切ってもらいます🐟

 

ごはんの準備が出来たらいざ実践!!!

 

 

ここでは、イルカ達のトレーニングの際にホイッスル(犬笛)を使っているのですが

ホイッスルを吹く練習も子供たちは頑張っていました!!

 

 

「笛を吹くだけなのに練習がいるの?」

 

と思ったそこのアナタ!!

 

これが重要なのです。

 

意外と難しいのです(笑)

 

普通に吹くと

「ピューーー」

となります。

 

ホイッスルを使う意味としては

その行動がオッケイだよという合図として使っています。

 

なのでジャンプで例えると

 

 

高いジャンプをして欲しい時は

ジャンプをした際に一番高い位置に来たときにホイッスルを

吹きます。

 

なので、そこ!!!!というポイントでホイッスルを吹かなければ

いけません。

 

なので、「ピューーーー」という長い音では

どこが良かったのかという事がイルカ達に伝わりにくいのです。

 

その為、ホイッスルの音は、強く、短くがポイント!!

 

「ピッ」という音がベストです!!

 

この強く短く吹くというのが案外難しく。。。

 

 

私もトレーナーになったばっかりの時は

ピーピー慣らして練習をしていたものです。

 

実習生の頃は、寮に住んでいたのですが

他の部屋からよくホイッスルの音が聞こえていました(笑)

 

それぐらい重要な役割を持っているのがホイッスルです✨

 

ですがみんな上手に使えていました💮

 

体験をした後は、

勉強したことを覚えているかのテストです✎

 

みんなよく頑張りました💮

 

また遊びに来てくださいね(⌒∇⌒)✨

 

そして、ふれあいコースのご参加もありましたよ!!!

 

みなさんカメラを構えていて、楽しんでいただけたようで良かったです!!!

 

今日は06君が大活躍でした!!

 

06君お疲れ様(`・ω・´)✨

 

これからまた寒くなってきますが

みなさん風邪を引かないように気を付けて下さいね!!!

では!!!あでゅーーー

 

 

 

 

 

PS.

~おまけ~

 

 

みなさんお待ちかねではないですか?(笑)(そんなことないですよね)

 

ももちゃんの水中での胸鰭の振り具合のお話!!!

 

バイバイとダンスが出来ないというお話だったのですが

 

少し進歩しました!!!

 

 

バイバイは少しずつですが手を振るようになってきました( ^ω^ )

 

ですが、、、、(笑)

 

ダンスがへたくそ、、、、、

 

おぼれてる?(笑)

 

後ろに反りすぎています(笑)

力が入るのか、口も開いています、、、(笑)

うーーーーーん(笑)

 

どうしたらいいのでしょうか(笑)

 

ゆずちゃんは水中の中でも、バイバイやダンスは出来るので

ゆずちゃんのトレーナーに相談してみます(笑)

 

 

では!!!