トップ > イルカ日記 > 男の子、成長物語。

男の子、成長物語。

2016年08月28日

みなさん、こんにちは!!

今日は、風がいつもより強く、肌寒いお天気となりました(;´・ω・)

 

残念ながら、お写真がありません!

私の文章力が、試されるときですね(;´・ω・)

今日のブログの主役は、 『そら君』 。

 

15時40分のスイムコース、ハナゴンドウチームの男の子の話題です!

 

レクチャーを、一番前で聞いてくれていたそら君は、私の質問に、ほとんど毎回手を挙げてくれた、小さな女の子のお兄ちゃんです。

妹さんと、お父さんはバンドウイルカチーム。

そら君とお母さんは、ハナゴンドウチーム。

撮影係の、おじいちゃん・おばあちゃんが、二つのイケス間を、慌てて行きしているのがとても微笑ましく、印象的です。(笑)

 

初めは、問題なく、しま君をよしよしヾ(・ω・`)

とても、仲良くなっていました!!

 

今度は、お母さんが背ビレをもって泳ぐ番です。

お母さんも、スイーっと余裕の表情で泳ぎ切ります!

 

「まるで、人魚姫の様だったわよ❤」

と、おばあちゃん(*´ω`*)

「でしょー?」

と、自慢げなお母さん(*´ω`*)

 

仲の良さがにじみ出ていた瞬間ですね(・´з`・)

 

さぁ、今度は、そら君の番!!

緊張の瞬間!!

 

いざ、スタート位置にスタンバイ!!!

さらに、緊張は高まりますΣ(゚Д゚)

 

 

 

 

 

 

 

「やっぱ、嫌ー!これは、無理だわー!!」

 

 

 

 

Σ(゚Д゚)

 

 

 

 

「お兄ちゃん、まだ終わってないよー、上がらないでーーー」

 

 

 

 

と、竹村さん。

 

 

 

 

 

Σ(゚Д゚)

 

 

 

 

泳げませんでした・・・。

 

 

 

 

´゚д゚`)

 

 

 

 

フリースイムも、嫌ー。助けてー。

 

 

 

 

(;´・ω・)

 

 

 

 

もうこのまま終わってしまうのか・・・

 

 

 

 

 

と、思いきや!

 

 

 

 

救世主、きたざわ。

 

 

 

 

「ほら、お姉さんにつかまっていいよ!」

 

 

 

藁にも縋る

 

という言葉があるように、お水が怖いのか、イルカが怖いのか、あの時のそら君の力は、スーパーサイヤ人並でしたね。

 

 

 

ちょっとずつ、ちょっとずつ私を掴む手を緩めてもらって、

 

「いや!離さないで!!」

 

「わかった。じゃあ顔つけてー」

 

「うん。わかった。」

 

「ほら、今度は、背中持ってるからね!」

 

「うん。わかった。」

 

「そのままでいいよー」

 

「うん。わかった。」

 

 

 

 

この時は、すでに一人で浮いている状態。

すごい成長ぶりです!!

 

素晴らしい✨✨✨

 

 

 

なみちゃん、しま君も、そら君の成長ぶりを褒めているのか、そら君に優しく優しく寄り添います。

 

「そら君、なみちゃん可愛いねぇってよしよししてあげて!」

 

「なみちゃん、かわいいねぇ❤」

 

「ほら、まだ右にいるよ!右に三回、おててかいてごらん!」

「そこでストップ!ほらなみちゃん、お腹向けてるよ!気持ちいいって!!」

 

最後は、本当に余裕で一人で泳げていましたね!!

おばあちゃんもビックリ!

 

「一時はどうなるかと思っていたけど、すごく成長しましたね!ずーっとしがみついているだけかと思ったわー」

 

 

おばあちゃんの、誇らしげな、嬉しそうなおばあちゃんの表情を見て、私もすごく嬉しく思い、達成感というか、すごく充実した時間だったなぁ、参加していただいて良かったなぁと思う瞬間でした。

 

とある男の子の、成長ぶりを目の当たりにした、記念すべき日でした(・´з`・)

 

 

 

以上、きたざわでした!!