トップ > イルカ日記 > ふんすい

ふんすい

2016年10月17日

みなさん、こんにちは!

dscn9842

この、ゆで卵のように輝くおでこはー!??

dscn7617

そう!新人、上甲さんです!!

最近、ふれあいコースのレクチャーデビューを果たし、ドルフィンファームに新たな旋風を巻き起こしております!!

 

そんな上甲さんですが、今日は、初めてしま君のトレーニングに挑戦です\(^o^)/

でも、私が隣で、真剣になみちゃんのトレーニングをしている最中に、

dscn9834

いきなりの、フレームイン!

予想だにしていなかったジャンプなので、心臓がドキッとしましたね💦

いったい何があったのでしょうか?

dscn9838

私は、しま君のトレーニングを見ていなかったので、原因はわかりませんが、

恐らく、「おっと💦この人誰だー!!!」

といった感じなのでしょうか?

 

上甲さんに感想を聞くと、

「心が傷ついた・・・(´;ω;`)」

との事です。

 

誰でも初めは、こんなものです。

これにめげずにしっかりイルカを観察し、呼吸を合わせていかなければいけません。

サインの出し方や、餌の上げ方、ホイッスルのタイミングなどなど・・・

気を付けないといけないことが沢山です。

先輩トレーナーのトレーニングを注意深く観察し、学ぶこと。

 

『学ぶ』の語源は、『真似る』(まねぶ)とされています。

(と、本で読みました)

 

まずは、先輩のやり方を真似ること。

私も新人の頃は、先輩のやり方を真似て、手を出す位置や構え方など、イルカがいない場所でも練習していました。

それが、とても懐かしく感じる今日この頃です。

 

でも、真似るというのは今でも実践していることで、いつも担当していないイルカのトレーニングに入る時は、前日に引継ぎを受けてそれに近づけられるようにトレーニングします。

 

dscn9827

dscn9821

dscn9831

出来ることは少ないですが、なみちゃんのトレーニングも、頑張っていきます!!

 

 

 

PS.なみちゃんの体温測定の練習をしているときに、勢いよくウンチが噴き出てきました。

まさに、糞水(ふんすい)ですね(笑)

 

 

 

以上、きたざわでした!!