日誌

2017年08月04日

 

 

皆さんこんにちは|д゚)

 

今日のブログは粟飯原が担当します( ◠‿◠ )

 

さて、今日は朝から台風対策をしていました!!!

 

去年はなんだかんだで、台風がそれて運よく台風による被害はありませんでしたが。。。

 

なんと今回はそれてくれる様子もなく危ない様子。。。

波除のフロートが流されないように、

桟橋のチェーンとフロート側のチェーンをロープで結ぶ作業を

行いました!!!

 

台風の威力よ。。。弱まってくれることを願うばかりです。。。(´;ω;`)

 

 

 

そしてお昼はウェットスーツを縫い縫い。。。

何故かぱっくりと破けているスーツがちらほら|д゚)

それを縫って、上から専用のボンドを縫って修復完成です!!

 

直せばまだまだ使える道具は、スタッフが直しているのです( ◠‿◠ )

 

 

 

ちなみに私は、研修生時代によく会社の備品を壊していたのです、、、

もちろんわざとではありません!!

 

私の性格的に焦ってしまうと急激に周りが見えなくなってしまい

ガッシャーーーーーン」。。。(;´д`)トホホ

 

 

わざとじゃなくても、物を扱う際には丁寧に扱わなければいけないという事ですね((+_+))

 

そして、急にお話は変わりますが!!!

 

毎日トレーナーはイルカ達のトレーニングをしているわけですが、

トレーニングが終われば帰るというわけではありません!!!

他の仕事でもそうだと思いますが、きちんとその日のイルカ達の状態を記録する

日誌」というものがあります。

 

ではその日誌には何を書くのかというと、

 

例えば、

・一日に食べたご飯の量

・体温

・普段と変わった行動はあったか

・その日の便の状態

・トレーニングでのイルカ達の動き

 

等々!!!!

 

いろいろ記録しているのが「日誌」になります。

 

ちなみに日誌にはこんな項目が、、、、

 

水温、気温?

 

なぜチェックするのでしょうか?

 

 

 

 

それは、色々理由はあります!!!

 

水温や気温を毎日測り、何時頃になると水温や気温が上がったり下がったりするのか

という事が分かってきます。

 

なぜそれが必要なのかというと、

イルカ達のご飯の量に関係してくるのです。

 

イルカ達は普段温かい所に生息している動物です。

 

なので、寒いのは苦手。。。

 

プールなら、水温の調節が出来ますが、

自然の海ではそれが不可能です。

 

なので、ここではご飯の量を調節し、脂肪を蓄えて寒い冬を越えます。

 

その子のご飯の量や、水温などを記録しておけば

この時期から水温が下降してくるから、この時期くらいからご飯の量を

徐々に増やして行こうなどと、ご飯の量を決める時に役立ちます。

 

 

 

 

 

例えば、イルカ達が体調を崩した時にも

症状や状態を記録しておけば

以前にこういう事があったからこういった治療をしてみよう

等を考えることが出来ます。

 

 

そして今までの日誌はこういう風に、一頭ずつ

ファイルに残しているのです!!!

 

前回のブログでイルカのトレーナーになる為の資格などのお話を

しましたが、

 

 

イルカのトレーナーと名前だけ聞けば、華やかな印象がありますが、

こういったことも仕事でしているのです!!!

 

 

今、ここには専門学校から実習生が来てくれています!!

 

 

是非たくさん勉強してください!!!!

では!!!